子供 コンタクト 眼鏡 メガネ

子供のコンタクトレンズの使用について

子どものコンタクト、いつから可能?

 

最近では、小学生も高学年になると、コンタクトをしている人もいます。

 

特に女の子に多いようです。

 

そのような子供は、いわゆる強度近視で、牛乳ビンの底のような眼鏡を使用せねばならず、いじめの対象になるとの理由からです。

 

しかし、一般には、中学生以上での使用が良いでしょう。

 

けれども、視力が落ちてきた時点で、眼鏡がいやだからと、最初からコンタクトにすることはやめた方がいいでしょう。

 

これは、年齢が何歳の時点であっても、まずは眼鏡です。

 

 

一生、コンタクトレンズだけでいくことはできません。

 

コンタクトを使えない状況がでてきたときに、眼鏡がかけられないという状態になってしまいます。

 

大事なことは、例えば、女の子が、中学生に入ってから、はじめて視力が低下して、コンタクトを使用することになったとしても、眼鏡も一緒に使うようにしなければなりません。

 

コンタクトをはずして寝るまでの数分、朝起きてからコンタクトを入れるまでの数分でいいですから、眼鏡を使用する習慣をなくさないでください。

 

毎日、少しでも使用していれば、コンタクトを使えないときでも、眼鏡で過ごすことができます。

 

ですから、眼鏡も、コンタクトほど見えるものでなくてもいいですから、ある程度(0.6〜0.8くらい)見えるものに調整していっていただきたいと思います。

 

 

コンタクトで近視はとまる?

 

コンタクトにしたら、近視の進行がとまったという話をしばしば聞きます。

 

しかしこれは、コンタクトにしたから近視が止まるのではなくて、コンタクトに変えた時点で、ほぼ近視が進行しきっているためと考えてもらった方がいいでしょう。

 

ただ、裸眼視力がかなり悪いにもかかわらず、普段眼鏡をかけない子供では、コンタクトにすることで視力が安定することがしばしばあります。

 

子供の眼鏡(メガネ)使用について

眼鏡をかけさせねばならないのは?

 

小学校では、授業に必要な視力は両眼で「0.7」といわれています。

 

そのため、学校の視力検査で、裸眼視力が両眼で0.7(目を細めずに)をきるようになれば、授業中だけでも眼鏡をかけるように指導されます。

 

 

裸眼視力がさらに低下して、普段から目を細める傾向がある子どもには、常用をおすすめします。

 

遠視の子どもの場合、その程度にもよりますが、できるだけ常用が望ましいです。

 

遠視の子どもは、いつもピントあわせの筋肉を余計に使うので、眼鏡なしでは疲れやすいとか、集中力がなくなるなどの症状がでてきます。

 

 

眼鏡はかけたり、はずしたりしてもいいの?

 

近視の眼鏡なら、かけたりはずしたりしてもかまいません。

 

よほど裸眼で見えにくそうにしていなければ、授業中だけでいいでしょう。

 

しかし、裸眼視力が0.1〜0.3ぐらいなり、日常から見えづらそうになってきたら、眼鏡は常用すべきでしょう。

 

見えにくいのを見ようとすることで、余計にピント合わせの筋肉を刺激し、近視の進行につながる場合があります。

 

特に女の子の場合、人前で眼鏡をかけるのを嫌がる傾向が強く、両眼で0.1も見えていない子なのに、普段は眼鏡をかけない人が多いようです。

 

しかし、できるだけ常用、せめて、家の中だけでも、いつもかけているようにしてください。

 

 

コンタクトや眼鏡を使う前に 〜視力は回復できます!

コンタクトにしても、眼鏡にしても、一長一短あります。

 

なにより使用しないでいいのであれば、それが一番ですよね!

 

視力は回復できます!

 

視力が悪くなりはじめたら、こちらの方法をおススメします!

 

最新の子ども向け視力回復プログラムがこちらです。

 

 

一日たった5分。

 

簡単な視力回復プログラムを実践するだけで

 

・お子さまの目と頭から
・もやもやしたものは取り除かれ、
・視界もスッキリ、
・集中力や記憶力も本来の力を取り戻します。

 

 

しかも即効性があるので、効果もすぐに実感できます。

 

 

子供,コンタクト,眼鏡,メガネ